イケてる SaaS を作りたい (koni blog)

SocialDog というサービスを作る会社の代表 koni のブログです。イケてるSaaSを目指して日々奮闘しています。

【書評】マイクロインタラクションを読みました

こんにちは、@koniです。

「マイクロインタラクション」を読みました。

マイクロインタラクション ―UI/UXデザインの神が宿る細部

マイクロインタラクション ―UI/UXデザインの神が宿る細部

  • 作者:Dan Saffer
  • 発売日: 2014/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

電子書籍派の人はオライリーのサイトから買えます:

www.oreilly.co.jp

「マイクロインタラクション」と聞くと、アニメーションとかの話かな?と思いましたが違います。

本書では、システムとユーザーのインタラクションの最小単位を「マイクロインタラクション」と呼んでいます。

マイクロインタラクションを以下4つに分けてそれぞれを解説しています。

  • トリガー (ユーザーがボタンを押すなどの 手動トリガー、指定された時間になったなどの システムトリガー がある)
  • ルール (トリガーすると何が起きるのか、というルール。決まりはない)
    • 例: iPhone では、「消音モード」にすると、ユーザーが明示的に意図した音(アラームなど)を除いて消音となる
  • フィードバック
  • ループモード

実世界、アプリ、ウェブサイトの事例がかなりたくさん入っていて非常に読みやすいです。

2014年の本でちょっと古いですが、考え方は変わらないことも多いので、今読んでも得るものは大きいです。

「マイクロインタラクションはデザイナーが担保するもの」という文が出てくるけど、実装を担当するエンジニもマイクロインタラクションを意識したほうが良いものができそう。

特にふだんUXを設計されている人にオススメの一冊です。